2016年08月05日

第80回ビデオアクト上映会〜スマホの真実〜 報告文

第80回ビデオアクト上映会〜スマホの真実〜
報告:本田孝義

 去る8月3日に「スマホの真実−鉱物紛争と環境破壊とのつながり」(2015年/35分/監督:中井信介)を上映した。折しもポケモンGO!が大騒ぎになっているので、スマホそのものにも関心を持ってもらいたかったが、参加者は約20名と少し寂しかった。

コンゴ採掘スチルv.jpg

 この作品はコンゴ民主共和国でタングステンをマスクも付けず人力で掘り出している映像から始まる。ショッキングな映像だ。掘り出されたタングステンはアジアなどで精錬され、スマホのバイブレーターに使われているという。コンゴは1994年に起きたルワンダの戦争に巻き込まれ、2003年には東部に武装勢力が生まれ、彼らがレアメタルなどの鉱物に目を付け資金源とし、紛争が起きるようになった。この紛争では子供も多く殺され、ゴリラも半分殺されたという。こうしたことは日本ではあまり知られていないが、欧米では大問題となり、ヨーロッパでは紛争鉱物を使わない運動が起き、アメリカではレアメタルの原材料の現地調査を義務付ける法律が制定される。こうした動きは全世界に広がり、コンゴの紛争鉱物を買わない動きになっていったが、そのことによって困ったことも起きてきた。コンゴの鉱物の価格が暴落し、採掘で生計を立てていた人たちの生活を圧迫していったのだ。そこで、次の段階としてオランダなどヨーロッパでは、フェアフォンを使う、という動きが出てきた。フェアとはフェアトレードと同じ意味で、紛争鉱物ではないことが証明出来る産地の鉱物を使ったスマホを使う、ということだ。上映後のトークでは、100台ぐらいの小ロットでスマホを作っている工場もある、とのことだった。
 日本が直接関わっている鉱物採掘としてフィリピンの例が紹介される。ニッケルや銅の採掘では森林を破壊し、鉱山周辺では六角クロム、水銀、カドミウムが日本での規制値を超えて検出されている。元々この地に住んでいた先住民族に健康被害が出ている。日本では足尾銅山での公害が知られているが、公害の反省からまがりなりにも環境破壊を起こさないために規制ができたが、その規制値は海外では適用されないことをいいことにこうしてフィリピンで公害を起こしているわけだ。他にエクアドルの事例も紹介される。

スマホの真実 上映.JPG

 上映後には製作に関わった田中滋さんと技術に詳しい安田幸弘さんのトーク。田中さんからは現地での撮影の苦労話を。また、こうした海外での鉱物採掘がなかなか日本で知られていないのは、日本ではほとんど鉱物採掘をやっていないから、とのこと。本作は教材向けに作られているので、高校・大学の授業で上映するとショックを受ける学生が多いそうだ。クラウドファンディングで始まったフェアフォンについてもう少し詳しい話もあった。また、安田さんはスマホを分解するワークショップをやっていて、どこまでならスマホを自作できるかを探っているそうだ。そして、フェアフォンを買えばいいというわけではなく、コロコロ機種変更して新しいスマホを買うことのほうが悪い、と安田さんは言われた。(ちなみにフェアフォンはバッテリー、パネルなどが自分で交換できるとのこと)
 会場からの質問では、スマホの多くは中国で作られているが、本作にはほとんど組立工場の話がなかったのはなぜか、とあった。田中さんとしては、取材はなかなか難しいが、出来れば中国の工場の問題を入れた「スマホの真実」の続編を作りたいとのことでした。

■作品ウェブページ(下記から「スマホの真実」のDVDを購入出来ます。)
http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/wakeupcall.html

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 13:07| VIDEO ACT! 主催 上映会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

第80回 VIDEO ACT! 上映会 〜スマホの真実〜 

==============================
■ 第80回 VIDEO ACT! 上映会 〜スマホの真実〜 ■

上映作品
『スマホの真実―紛争鉱物と環境破壊とのつながり』(2016年/35分/監督:中井信介)
http://www.videoact.jp
http://videoact.seesaa.net/
==============================

■2016年8月3日(水)19時より

内閣府発表の消費動向調査によると、普及率が67.4%を越え、
もはや生活必需品となったスマートフォン。通称スマホ。
スマホが製造されるためには、20種類以上の鉱物が必要とされている。
私たちが普段意識していない、スマホに隠された真実とは・・・・?

上映後、制作担当の田中滋さんを交えた、トーク&ディスカッション有。

smartphone.jpg

【上映作品】
『スマホの真実―紛争鉱物と環境破壊とのつながり 』(2016年/35分/監督:中井信介)
監修/エシカルケータイキャンペーン実行委員会
取材・映像協力/国際環境NGO FoE Japan、環境=文化NGO ナマケモノ倶楽部、Pole Pole Foundation、Fairphone、京都大学霊長類研究所
企画・制作/特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)

■解説
私たちの暮らしになくてはならないものになりつつあるスマートフォンや小型電子機器。
それらをつくるためには20種類以上の鉱物が必要とされています。
中には希少金属、通称「レアメタル」と呼ばれる金属も多く含まれています。
そうした貴重な鉱物を採掘している現場は、一体どんなところなのでしょうか? 
私たちの暮らしをつくっているモノの背景にはどんな採掘行為があるのでしょう?
エクアドル、フィリピン、コンゴ民主共和国の採掘現場を訪れてみると、
そこには目を見張るような環境破壊や鉱山利権を巡った紛争や、
もともとそこに住んでいた人びとの強制的な追い出し、
大規模な環境破壊などが目撃されました。
私たちが日々意識しないスマートフォンの内側に隠された調達の真実に光を当てます。

■作品ウェブページ
http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/wakeupcall.html

コンゴ採掘スチルv.jpg

■日時
2016年8月3日(水)
18時30分/開場 19時/開始
終了予定時刻 20時50分

■上映会場
東京ボランティア・市民活動センター(03-3235-1171)
東京・飯田橋セントラルプラザ10階
東京都新宿区神楽河岸1-1
JR中央線・地下鉄飯田橋駅下車 徒歩1分

■参加費:500円(介助者は無料・予約不要)

■問合せ:ビデオアクト上映プロジェクト
Eメール:jyouei@videoact.jp
(電話:045-228-7996 [ローポジション気付] )

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 23:59| VIDEO ACT! 主催 上映会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

『ココデナイドコカ』上映とディスカッションの会

ビデオアクトのWebSHOPに登録されている『ココデナイドコカ』(監督:中川あゆみ)の上映イベントのお知らせです。

▲映画とディスカッションの会C
「性の多様性を認め、より生きやすい社会について考える〜映画「ココデナイドコカ」から〜」

4回目の会では、「ココデナイドコカ」(中川あゆみ監督、2010年)を見ます。 
この作品は、主人公の仕事や恋愛の悩みを淡々と綴りながら、LGBTQについて現代の日本社会で共有すべき課題を描いています。
偏見を無くし、生きづらい空気を取り除くために、私たちは社会をどのように変えていくことができるのか?
短い間ではありますが、すべての人にとって共通の課題を考えるための時間です。
ディスカッションでは、カミングアウトや差別の問題だけでなく、性的指向にとらわれない、結婚・一人暮らし・老後のより良い生き方について考え、みなさんと一緒に話したいと考えています。
・日時:2016年7月10日(日)14時〜17時
・場所:杉並区善福寺和田ビル4F 「あなたの公–差–転」
https://www.facebook.com/events/310865929249785/

『ココデナイドコカ』
監督:中川あゆみ/64分/2010年制作
ここでない住処、ここでない職場、ここでない何処かを探してさまようリョウ27歳。
東京に暮らすセクシャルマイノリティの青年の悩みと恋を、実姉のカメラが追ったドキュメンタリー。
同棲していた恋人との別れ、ファッションデザイナーを夢見ての卒業制作と就職、母との確執、プライドパレードなど日常の中で揺れる主人公の1年を追った。
人口の30人に1人いると言われるセクシャルマイノリティの人々が、日本社会でどんな葛藤を抱えて生きているか考えるきっかけになる作品。
http://www.videoact-shop.com/2014/150

nk-01.jpg
posted by VIDEO ACT! スタッフ at 13:07| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

<転載情報> レイバー映画祭2016 

<以下、転載します>

★レイバー映画祭2016 7月23日(土)10.15〜17.15
 東京・田町交通ビル6Fホール
 一般当日=1500円(前売・予約1300円)
 失業者・障害者=1000円 学生=無料
 メール予約=http://3step.me/393m
 チケットネット購入=http://laborff2016.peatix.com
 (今回からネット購入も可能になりました)

●『パレードへようこそ』10.15〜12.20
 監督 : マシュー・ウォーチャス 2014年/121分/イギリス
 ゲイと炭坑夫の連帯は可能か? 映画はのっけから軽快な勇ましい労働歌では
じまる。時代は1983年から84年の1年間、サッチャー政権とゼネストで対決した
炭鉱労働者とそれを支援した「ゲイ&レズの会」との葛藤や連帯を描いたもので
あるが、これは実話に基づいた作品だ。原題が『プライド』とあるように、サッ
チャーによって労働運動の屋台骨をへしおられたり、人間としての尊厳を踏みに
じられた人々の「プライド」をうたい上げている。炭坑夫とゲイやレズは、これ
まで一度も会ったことがない。全く違った世界なのだ…と思われた。また、その
時代、エイズがはやっていて、嫌悪を抱く村人もいて、彼らを排除しようと新聞
社に密告する。そんななかで果たして「連帯」の握手は可能だろうか。ラスト
シーンには胸が熱くなろう。*2014年カンヌ国際映画祭 監督週間正式出品、
2015年日本公開。

●『埋もれた時限爆弾〜さいたまアスベスト被害』13.00〜13.50
 制作 : 武蔵大学社会学部2年永田浩三ゼミ/2016年/36分
 「久保田ショック」から10年。全国各地でアスベスト被害をめぐる裁判が始
まっている。埼玉県に住む松島恵一さん一家は、2010年、母・かつ子さんを突然
亡くした。かつ子さんはアスベスト製品をつくる工場内の社宅に暮していた。1
枚の写真が残っている。1962年、アスベスト管の山の横を花嫁姿を見にまとい結
婚式場に向かうかつ子さん。48年後アスベストは牙をむき、中皮腫発症から2ヶ
月でかつ子さんは亡くなった。いま埼玉では工場周辺で中皮腫の患者が次々見つ
かっている。学生たちは事実掘り起こしの過程を記録した。アスベスト問題をわ
かりやすく伝えた作品で、東京労働安全衛生センターが制作協力している。*初
公開*

●『がんを育てた男』13.50〜15.00
 制作 : ビデオプレス 2016年/60分/日本
 2012年12月、映画批評家の木下昌明さんにがんが見つかった。そのとき頭が
真っ白になったという。医師は即手術を求めたが、かれはこれを拒否し、しばら
く様子をみることにした。その日から、常識とされたがん医療との闘いが始まっ
た。何人もの医師との面談をビデオで撮り、本を読み、治療法を模索した。それ
はかれの映画批評の精神と通底していた。まだ動けるうちは動く。仕事に出か
け、映画の試写会や国会前のデモにも参加しつづけた。それをカメラは追った。
はたして…。*初公開*

●『ショートビデオ・日本最前線』短編4作品 15.00〜15.30
 制作 : 土屋トカチ・湯本雅典・西中誠一郎・松原明
 安倍政権のもと日本各地で問題が噴出している。労働現場でのたたかいも続
く。このコーナーでは、「沖縄米軍属事件」「フクシマ帰還問題」「セブンイレ
ブン店長いじめ」「東芝府中工場フィリピン労働者のたたかい」など、いま一番
ホットな日本の映像をお送りする。*初公開*

●『オキュパイ・ベーカリー〜ファストフード労働者の闘い』15.45〜17.10
 監督 : レイチェル・リアーズ、ロビン・ブロチュニック 2014年/84分/アメ
リカ 原題「The Hand that feeds」
 ニューヨークにある24時間営業のカフェ・ベーカリー「Hot & Crusty」で働く
移民労働者たち。最低賃金以下の時給で、危険な機材を使い、病気になればクビ
を言い渡すような横暴な店主のもとで働かざるをえない。我慢の限界を超えた仲
間たちが、強制国外退去の危険性もある中で、団結しピケを張る。アメリカファ
ストフード労働者による賃金・生活底上げ運動の先がけとなる歴史的な闘いは、
声を上げることの大切さを教えてくれる。2015年ペンシルバニア州レディング映
画祭ドキュメンタリー映画最優秀賞、2016年SIMA賞最優秀賞、その他カナダやス
コットランドの映画祭でも数多くの賞を受賞している。*日本語版制作=レイ
バーネット国際部 本邦初公開*

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 10:38| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

【報告文】第79回ビデオアクト上映会〜災害弱者をうまないために〜

上映作品
『逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者』 監督:飯田基晴


 5月26日、「災害弱者をうまないために」と題された79回目のビデオアクト上映会が開催された。上映作品は、『逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者』(監督:飯田基晴)。今年4月に発生した熊本地震のマスコミ報道を見たビデオアクト・スタッフの一人が、「今回も障害者の状況を伝える報道が見当たらない」と感じたことが、開催のきっかけだった。ビデオアクトでは、2012年11月に「何が災害弱者をつくるのか―3.11から見えたこと」と題する上映会を行なっているので、今回は"災害弱者"について考える二度目の会となる。

 災害弱者をうまないためには何が必要か?まずは、障害をもった人々が災害時にどんな困難に見舞われるかを具体的に知ることから始めるべきだろう。『逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者』は、2011年3月11日以降、障害者と彼や彼女らをサポートする人々に何が起こったかを丁寧に描いていた。

 「避難所では生活できない」、「周囲に迷惑をかけるから」と避難をあきらめた人々は家に残ったが、災害支援の情報が届かず、生活は困難を極めた。下半身が不自由な女性は、行き場もなく避難所に逃れたものの、そこにベッドはなく、二週間以上も車椅子に座って眠らざるを得なかった。あからさまに「障害者なんだから避難所ではなく、家に戻れ」と言われた人もいるという。スロープのない仮設住宅に入居した車椅子の女性は、一人で自由に外出することが出来ず、窓際に飛んでくる鳥の姿を見ることで、自らの心を励ましていた…

 「重要なのは障害の重さではなく、当事者が置かれた環境を把握すること」という支援者の言葉が印象的だった。周囲に常にサポートしてくれる家族がいれば何とか越えられる壁であっても、一人暮らしの車椅子生活者にとっては、たった数センチの段差が越えられない大きな壁となる。障害者一人一人、災害時にどのような具体的な支援が必要となるのかを普段からきめ細かく把握しておくことが重要となるのだ。

 では、どうしたら、そのようなきめ細やかな支援体制が築けるのか?上映後のディスカッションで、とても興味深いやりとりがあった。車椅子に乗った参加者の女性が、「こういう作品を一般の健常者の前でやっても、可哀そうね…で終わってしまう。行政の人に観せなければ意味がない」と発言した。それに対して、飯田基晴監督が"自助・共助・公助"という言葉を使って、当事者と行政による支援を社会がどのように繋げていくかを、本作の取材経験をもとに語ってくれた。

 「行政の人に観せなければ意味がない」という意見は、彼女の実体験に基づいた心からの想いだろう。そして、「可哀そうね…で終わってしまう」と思わせてしまったのは、私たち周囲の人間の責任だろう。私たちは、障害当事者が勇気を振り絞って発した「困った。助けて」という"自助"の言葉を想像力を駆使して受け止めなければならない。それが、"共助"に繋がるだろう。そして行政は、"公助"として全ての住民の生命の安全を図る義務があり、それを怠った時は厳しい追及を免れない。

 ディスカッションを聞いて、私はそんなことを思った。約20名の参加者も、各々、何かを持ち帰ってくれたと思う。作品上映とディスカッションのセットは、作品内で描かれた内容を深め、広げてくれるとあらためて思った上映会だった。

(土屋 豊)

★『逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者』は、下記で販売しています。
http://www.j-il.jp/movie/sale.html

チラシ表面.jpg
posted by VIDEO ACT! スタッフ at 00:29| VIDEO ACT! 主催 上映会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

『李さんの綿』上映とディスカッションの会

ビデオアクトのWebSHOPに登録されている『李さんの綿』(監督:湯本雅典)の上映イベントのお知らせです。

▲映画とディスカッションの会B
「記憶の継承と戦争をかんがえるードキュメンタリー映画『李さんの綿』からー」
・日時:2016年6月12日(日)14時〜17時
・場所:杉並区善福寺和田ビル4F 「あなたの公–差–転」
https://www.facebook.com/events/1555598774736365/

『李さんの綿』
監督:湯本雅典/43分/2014年制作
李福順(イポクスン)さん(夜間中学生、2010年逝去、享年90歳)は、6歳からわたの糸紡ぎを覚えました。
李さんは、戦後朝鮮半島に里帰りした際に綿の種を日本に持ち帰り、日本の自宅で綿を育ました。
そしてこの綿の種は人づてにわたり育てられ、そのひとつが、東京の女性が描いた油絵「何度目かの被曝」の中にしたためられます。
この映画は、時を超えてさまざまな人の手で植え継がれ、伝え継がれた「李さんの綿」を追ったドキュメンタリーです。
http://www.videoact-shop.com/2014/343

ym-17.jpg
posted by VIDEO ACT! スタッフ at 13:13| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

<転載情報> 『サロメの娘 アナザサイド(in progress)』上映

<以下、転載します>

『サロメの娘 アナザサイド(in progress)』(2016/68分)
出演:黒田育世 長宗我部陽子 飴屋法水 神村恵 山形育弘 他
声の出演:青柳いづみ sei 山崎阿弥 さとうじゅんこ 原マスミ
監督:七里圭 脚本:新柵未成 音楽:檜垣智也

予告編


上映情報
http://bit.ly/24RgLOk

6月4日(土)〜10日(金)連日21時よりレイトショー@UPLINK
http://www.uplink.co.jp/movie/2016/43030

6月25日(土)〜7月1日(金)連日19時10分〜@立誠シネマ
http://risseicinema.com/movies/16500



posted by VIDEO ACT! スタッフ at 10:10| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

第79回 VIDEO ACT! 上映会 〜災害弱者をうまないために〜

==============================
■第79回 VIDEO ACT! 上映会■ 
〜災害弱者をうまないために〜 

上映作品
『逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者 』
(2012年/74分/監督:飯田基晴)
http://www.videoact.jp
http://videoact.seesaa.net/
==============================

■2016年5月26日(木)19時より

障害があるということは、災害時に普段以上のハンディとなる。
2011年3月11日の東日本大震災、未曾有の大災害の中、
障害を持つ人々に何が起きたのか?

2016年4月、熊本地震が起こり、
9万人以上が避難生活を強いられている。
地震活動期に入った日本は、いつどこで大きな地震が
起きてもおかしくないといわれている。
今あらためて本作を観て、考えたい。

上映後、飯田基晴監督を交えた、トーク&ディスカッション有。

チラシ表面.jpg

【上映作品】
『逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者 』(2012年/74分)
監督:飯田基晴 (「あしがらさん」「犬と猫と人間と」)
製作:東北関東大震災障害者救援本部
http://www.j-il.jp/movie/

■解説
障害があるということは、災害時に普段以上のハンディとなる。
2011年3月11日の東日本大震災、未曾有の大災害の中、
障害を持つ人々に何が起きたのか?
福島県を中心に、被災した障害者とそこに関わる人々の証言をまとめた。
 障害ゆえに、地震や津波から身を守れず、
また必要な情報も得られない・・・。
「ここではとても生活できない」「周囲に迷惑をかけるから」と、
多くの障害 者が避難をあきらめざるを得なかった。
そうしたなかで避難所に入った障害者を待ち構えていたのは・・・。
 更には仮設住宅へ入居しても、そこでも大変な不自由が待って
いた。原発事故により市民の姿が消えた避難区域には、取り残さ
れた障害者が不安な日々を送っていた。大震災に翻弄される障害
者と、その実態調査・支援に奔走する人々の、困難の日々。
 住み慣れた土地を追われ、避難先で新たな生活を模索する時、
涙とともに故郷への思いがあふれる。
 マスメディアでは断片的にしか取り上げられない、被災地の障害者
を取り巻くさまざまな課題や問題点が浮かび上がる。

■予告編 
逃げ遅れる人々予告(バリアフリー版)


■日時
2016年5月26日(木)
18時30分/開場 19時/開始
終了予定時刻 20時50分

■上映会場
東京ボランティア・市民活動センター(03-3235-1171)
東京・飯田橋セントラルプラザ10階
東京都新宿区神楽河岸1-1
JR中央線・地下鉄飯田橋駅下車 徒歩1分

■参加費:500円(介助者は無料・予約不要)

■問合せ:ビデオアクト上映プロジェクト
Eメール:jyouei@videoact.jp
(電話:045-228-7996 [ローポジション気付] )




posted by VIDEO ACT! スタッフ at 23:59| VIDEO ACT! 主催 上映会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<転載情報> シューレ大学国際映画祭の公募締め切り間近

<以下、転載します>

シューレ大学が2008年から毎年夏に「生きたいように生きる」というテーマで映画祭を開催するようになったのは、映像をつくり、表現をしていく中で、そんな「生き難い世の中」に穴を穿ちたいという切実な思いからです。

この映画祭は、そのような思いを表現に結び付けている人々と出会い、繋がり、共に世界を(そして自分自身を)「生きたいように」変えていく。そんなことを志向しています。

特別選考委員は原一男監督。
2007年、モスクワ国際フィルムスクールを招いて開催されたイベントに講師として参加いただいた際、映画祭の企画を相談、以来「10年は続けよう」との声のもと、毎年、公募作品の選考のみならず、講演や映画制作のアドバイスをいただいています。

第9回シューレ大学国際映画祭が、今年も8月26日(金)〜28日(日)に開催されます。
「生き難さ」を解き放つみなさまの作品を、心よりお待ちしています。


【第9回シューレ大学国際映画祭募集要項】
■テーマ
「生きたいように生きる」をテーマとした作品。ジャンル問わず。

■応募〆切
2016年5月31日(火)必着

■開催期間
2016年8月26日(金)〜28日(日)

■会場
シューレ大学特設シアター

詳細はこちら↓

応募概要  http://shureuniv.org/blog/2016/02/1061
応募用紙  http://shureuniv.org/wp/wp-content/uploads/2016/02/bosyu16-web.pdf
昨年のHP http://shureuniv.org/filmfes/

■シューレ大学とは?
シューレ大学は学生が自ら運営するNPOの大学で、日常的には各種講座やプロジェクトが行われ、「自分から始まる研究」、演劇公演、美術制作など多岐にわたって学び、表現してきた場である。現在は約30人の学生が在籍し、平田オリザ、最首悟、上野千鶴子など、様々な分野のアドバイザーがいる。

■問い合わせ
NPO法人東京シューレ シューレ大学国際映画祭実行委員会
〒162-0056 東京都新宿区若松町28−27
TEL03−5155−9801 FAX03−5155−9802
mail:univ@shure.or.jp
URL:http://shureuniv.org/

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 10:46| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

<転載情報> OurPlanetTV 長期映像ワークショップ「ビデオのアトリエ」

<以下、転載します>

OurPlanetTVでは、5月28日(土)より
1年間の長期映像ワークショップ
「ビデオのアトリエ」を開講します。

講師は映画監督の土屋豊さんで、
1年間かけて1人1作品、
中・長編ドキュメンタリーを制作します。

すでに作品を制作中の方や
構成、編集中の方でも参加OKです。
◎ビデオのアトリエ
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2034

まだ残席が4人分ありますので、
もしよろしければぜひ受講をご検討ください。


posted by VIDEO ACT! スタッフ at 09:39| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする