2015年05月19日

<転載情報> 「第8回シューレ大学国際映画祭〜生きたいように生きる」作品募集中

<以下、転載します>

シューレ大学では2015年8月28日(金)〜30日(日)に開催する「第8回シューレ大学国際映画祭〜生きたいように生きる」で上映する作品を募集しています。

ずばり「生きたいように生きる」をテーマにした作品。フィクション、ドキュメンタリー、アニメーション等、ジャンルは問いません。

毎年、ドキュメンタリーの第一人者・原一男監督に特別選考委員としてご参加いただいており、実際に上映された作品には、当日、原監督から各作品に対して講評をいただきます。また最終日に原監督や他の上映作品の作家たち、一般参加者らと感想交換したり歓談したりする交流パーティもあります。

応募〆切は2015年5月29日(金)必着。

今、作品をつくっている方も、これからつくろうとしている方も、すでにつくったという方も、要項をご覧の上、ぜひご応募ください!

◆募集要項はこちら↓
http://shureuniv.org/wp/wp-content/uploads/2014/11/bosyu15.pdf

◆ご参考までに、今年(2014年8月)に開催した映画祭の概要はこちら↓
http://shureuniv.org/filmfes/

皆さまからのご応募を心よりお待ちしています!!

お問い合わせ:NPO法人東京シューレ シューレ大学
TEL: 03-5155-9801
Email: univ@shure.or.jp
URL: http://shureuniv.org/
住所:〒162-0056 東京都新宿区若松町28-27
posted by VIDEO ACT! スタッフ at 10:23| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

<転載情報> 第4回うらやすドキュメンタリー映画祭2015

<以下、転載します>

「第4回うらやすドキュメンタリー映画祭2015」

【日時】
 プレ上映会 6月13日(土)
 本祭    6月20日(土)〜21日(日)

【会場】
 浦安市民プラザWave101中ホールおよび大ホール
 http://www.urayasu-kousha.or.jp/wave101/

【上映作品】
 6月13日(土) 中ホール プレ上映会
  ※第1回浦安ドキュメンタリー映画大賞受賞記念上映会
 (14:00開場)
  14:30 『標的の村』

 6月20日(土) 大ホール「抗う土曜日」
 (10:00開場)
  10:30 『はだしのゲンが見たヒロシマ』
  12:45 『三里塚に生きる』
  15:45 『フタバから遠く離れて 第二部』
  18:00 シンポジウム&特別上映『触らぬバナナに祟りなし(仮題)』

 6月21日(日) 大ホール「育む日曜日」
(10:30開場) 
  11:00 『夢は牛のお医者さん』
  13:15 『みんなの学校』
  15:30 『千年の一滴 だし しょうゆ』
  18:00 『みつばちの大地』

【料金】
 6/13(土)
  ◆事前予約900円、当日999円、サポーター799円、高校生以下500円
 6/20(土)-21(日)
  ◇1dayパス 事前予約1,600円、当日1,800円、当日高校生以下1,000円
  ◇2dayパス 事前予約2,999円(当日販売なし)
  ◇アフター6パス(17:45より入場可) 当日のみ999円
  ◇サポーター 1dayパス1,600円、2dayパス2,799円、アフター6パス799円
 
 ※事前予約はそれぞれの2日前まで(プレ上映会6/11[木]、本祭6/18[木])
以下のサイトからご予約下さい。


主催:浦安ドキュメンタリーオフィス
後援:浦安市

上映作品等の詳細は映画祭公式ページをご覧ください。
http://urayasu-doc.com/festival2015/

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 11:42| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

<転載情報> 被爆者の声をうけつぐ映画祭2015

<以下、転載します>

*「被爆者の声をうけつぐ映画祭2015」のお知らせ
とき: 2015年7月18日(土)〜19日(日)
ところ:武蔵大学江古田キャンパス 一号館地下1002シアター教室
主催: 被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会
武蔵大学社会学部メディア社会学科永田浩三ゼミ
後援: 日本原水爆被害者団体協議会 / ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会

1日目 7月18日(土)
プログラム(1) 10:00〜12:15 原爆は被爆者に何をもたらしたか
劇映画「ヒロシマの証人」(110分)監督 斎村和彦
ビデオメッセージ 山口逸郎プロデューサー

プログラム(2) 14:00〜17:15 映像は原爆被爆をどのように記録したか
ドキュメンタリー「ヒロシマが消えた日〜人類最大のあやまち・原爆〜」(77分)
ドキュメンタリー「引き裂かれた長崎〜人類最大のあやまち・原爆〜」(75分)
トーク 石子順(映画評論家)

プログラム(3) 18:30〜21:00 被爆国に原発はどのようにしてもたらされたか
ドキュメンタリー「ヒロシマ 爆心地の原子力平和利用博覧会」(74分)NHK広島
トーク:宮本康宏プロデューサー&永田浩三武蔵大学教授

2日目 7月19日(日)
プログラム(4) 10:00〜12:30 原発・エネルギー政策の嘘と真実とは
ドキュメンタリー「日本と原発」(135分)監督 河合弘之

プログラム(5) 14:00〜16:30 原発事故は人々に何をもたらしたか
ドキュメンタリー「飯舘村 わたしの記録」(68分)監督 長谷川健一
ドキュメンタリー「チェルノブイリ 28年目の子どもたち」(43分)ディレクター 白石草
トーク 白石草ディレクター

プログラム(6) 18:00〜20:45 被爆者の声をどのように継承するのか
シンポジウム 〜被爆者の声をどのように継承するのか〜
証言映像「原爆は、人間として死ぬことも生きることもゆるさなかった」(18分)
コーディネーター 永田浩三武蔵大学教授
斉藤とも子(女優) 木戸李市(被爆者)  有原誠治(映画監督)

エンディング 歌唱 中島清香(声楽家)

鑑賞券
(鑑賞券は各プログラムごとの料金です。入替制、開場は各回30分前です。)
(なお、プログラム(3)のみは入場無料です。)
大人 1000円(当日1200円)
学生  500円(当日 700円)*中学生以下は無料です。
フリーパス券 4000円

問い合わせ先
電話:03−5466−2311(共同映画)
   090−1793−6627(金子)

会場:武蔵大学江古田キャンパス 一号館地下1002シアター教室   
(西武池袋線 江古田駅から徒歩6分、地下鉄大江戸線 新江古田駅から徒歩7分、有楽町線 新桜台駅から徒歩5分、有楽町線・西武池袋線 桜台駅から徒歩9分)

*上映作品の詳細、会場の地図などは下記をご参照ください。
「被爆者の声をうけつぐ映画祭」ブログ
http://hikakueiga.exblog.jp

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 11:23| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<転載情報>『食卓の肖像』目黒上映会(5月31日)とカネミ油症東京集会(6月4日)のお知らせ

<以下、転載します>

「『食卓の肖像』目黒上映会(5月31日)とカネミ油症東京集会(6月4日)のお知らせ」

◎『食卓の肖像』目黒区上映会(目黒母親大会)
東京都目黒区の「母親大会」として、カネミ油症のドキュメンタリー『食卓の肖像』(103分)を鑑賞し、金子サトシ監督のお話を聞く。またあわせて「食」に関するイベントや持ち寄りミニバザーも開催!
(日時)2015年5月31日(日)午後1時から4時
(会場)八雲住区センター 2階 第2・第3会議室
http://yakumo19.net/center.html
 目黒区八雲1−10−5 東急東横線都立大学駅北口徒歩6分
(主催)目黒母親連絡会 電話03−3719−2741(東京土建目黒支部主婦の会)

『食卓の肖像』
http://shokutaku.ne.jp/


◎「カネミ油症被害者救済を求める東京集会」
 〜最高裁は下級審判決を破棄しろ〜
昨年3月福岡高裁におけるカネミ油症新認定裁判は、油症発生時期から20年の除斥期間により請求の権利なし、とした不当な判決でした。
原告の殆どは最近になって認定されており、除斥期間以前には裁判に訴えることすらできませんでした。それなのに訴える権利がないとは、なんという不条理でしょうか。
このままでは被害者救済の道を閉ざすことになります。
最高裁判所は全被害者救済のための公正な判断をして、除斥期間を適用した下級審判決をあらためるべきです。
最高裁の判断の前に緊急集会を企画しました。是非ご参加ください。
日時:2015年6月4日 午後2時〜4時
場所:弁護士会館5F 502号室
東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、千代田線「霞ヶ関駅」
B1-b出口より直通 A1出口より徒歩2分 C1出口より徒歩3分
主催:新認定裁判原告団・弁護団
共催:カネミ油症被害者支援センター(YSC) 
連絡先:伊勢 TEL:090−9321−8607
posted by VIDEO ACT! スタッフ at 11:16| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする