2018年11月30日

ビデオアクト設立20周年記念・オムニバス映像企画『自由/生きる/権利』上映会 報告文


ビデオアクト設立20周年記念・オムニバス映像企画『自由/生きる/権利』上映会 報告文
報告:本田孝義

本年2018年はビデオアクト設立20年になる。20年経ったので何かイベントをやろうという話になり、様々な意見があったが、これまでやってきた3分ビデオの公募・上映がふさわしいのではないか、という結論になった。では、テーマをどうするか。これも喧々諤々議論して、現在、憲法25条にある「健康で文化的な最低限度の生活」がないがしろにされているのではないかという観点から、「自由/生きる/権利」とした。難しいテーマではあったが、3分間の映像を公募したところ23本の作品が集まった。そして、上映はいつも使っている、東京ボランティア・市民活動センターを離れ、キノ・キュッヘで行うことになった。
11月23日の『 自由/生きる/権利』上映会は、製作者の方でも参加できない方がいたが、30名ほどの方が来場し、まずまずにぎやかな上映会となった。

IMG_4075.JPG

上映された作品は、上映順に以下の通り。

青野恵美子/破たんの町
中川あゆみ/ ふたつの故郷を生きる
白木くにはる 田所準子/農民と白いトウモロコシ
かわさきの安全で美味しい水道水 生田浄水場復活を願って
斉藤和子/小さな命が教えてくれた
柚木公奈 /『木の子文庫』という在り方
堀切さとみ/僕の自立生活
高橋恵美子/あなたの街の人と人をつないでいるビッグイシューを知っていますか?
落合由利子/三恵子さんと82年
松原 明/92歳の墓参り
小林アツシ/りょうしん の じゆう
本田孝義/自由・・・なの?
西村仁美/Yo!かいご
土屋トカチ/喜寿の骨
土屋 豊/親父
本谷英一/言語は地球を回る
中村富美子/大久保多文化散歩
北穂さゆり/NO FUR 2018
三田玲子/たべる たべられる
中村友紀/Article 9.
湯本雅典/こんな小さな島に クニがやってきた
佐々木 健/森の詩
相馬あかり/0 THROUGH 9

3分ビデオの面白いところは、同じテーマでありながら、個々の作者の視点が違うので、一見バラバラの作品群でありながらも、23本続けて見ていくうちに、何か立体的に「日本の姿」が見えてくることにある。今回も環境問題、老人介護、毛皮問題、ワクチン問題、沖縄の基地問題など、描かれていることは多岐にわたるが、だからこそ、今現在のリアルな「日本の姿」が浮かび上がっていたように思う。また、個人的な視点から語られた作品が多いのも特徴かもしれない。来場者の評価が高かった作品に送られる観客賞は堀切さとみさんの「僕の自立生活」に決まった。今回上映した作品の内で、DVD収録を許可している作品をまとめて、『自由/生きる/権利』のDVD化も行う予定です。また、配信を許可している作品は配信も行う予定です。

国立市にあるキノ・キュッヘは上映などのイベントが出来る居酒屋なので、『自由/生きる/権利』上映後、その場で懇親会に突入。

IMG_4084.JPG

上映会が面白いのは作者と観客が向き合っていろんな話が出来ること。映像と言えば今や配信が当たり前の時代ですが、そういう時代だからこそ、上映会が持つ意義が見直される時代かもしれません。懇親会では1999年にビデオアクトとして参加した山形国際ドキュメンタリー映画祭の様子を撮った映像も流され、活発な議論が交わされている映像を見ながら、上映会の必要性を再確認した夜でもありました。


posted by VIDEO ACT! スタッフ at 11:59| VIDEO ACT! 主催 上映会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

【 自由/生きる/権利】上映会

ビデオアクト設立20周年記念・オムニバス映像企画【 自由/生きる/権利】上映会を、
2018年11月23日(金・祝)「キノ・キュッヘ(木乃久兵衛)」(国立)で行ないます。

自由/生きる/権利_omote.jpg
  自由/生きる/権利_ura.jpg

<作品応募者 23組>
青野恵美子/落合由利子/北穂さゆり/小久保善一/小林アツシ
斉藤和子/佐々木 健/相馬あかり/白木くにはる・田所準子
高橋恵美子/土屋トカチ/土屋豊/中川あゆみ/中村友紀
中村富美子/西村仁美/堀切さとみ/本田孝義/本谷英一
松原 明/三田玲子/柚木公奈/湯本雅典  50音順・敬称略(上映順とは異なります)

<完成上映会タイムスケジュール>
17:00 開場
17:30 上映会開始
19:00 懇親会開始
21:00 終了

<料金>
上映会参加費 500円(制作者無料)
懇親会参加費 2,000円(お任せ料理、ドリンク代別) 

<会場>
「キノ・キュッヘ(木乃久兵衛)」 
〒186-0005 東京都国立市 西2丁目11−32  電話 042-577-5971
国立駅南口出る/西友と神戸屋の間の富士見通りを直進/徒歩15分

tizu01.gif



今から20年前、ビデオアクトは、自主制作映像作品の普及・流通をサポートするプロジェクトとして発足しました。
発足時の大きなコンセプトは、「誰もが自由に自分の意見を発信できる“場”をつくること」でした。
そして、そのコンセプトを実践する企画のひとつとして、これまで「戦争」「憲法」「自由」「3.11」など
様々なテーマで、3分間のオムニバス映像企画を行なってきました。

20年目の2018年、今回の3分映像のテーマは、【自由/生きる/権利】です。
「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と、
日本国憲法第25条は生存権について謳っています。
あなたにとって、“健康で文化的な最低限度の生活”とは、何でしょう? 

2018年の今、自由に生きる権利について、23組の方から映像が集まりました。
それらをまとめて、一気に上映します。

上映会終了後、懇親会(別途費用はかかります)をご用意しております。
懇親会では【秘蔵映像】も準備中です。お楽しみに!

※応募して頂いた全作品を、無審査で上映します。
※上映会終了後、ネット配信やDVDの頒布も予定しています。(収録・配信の許諾を得た作品のみ)



posted by VIDEO ACT! スタッフ at 23:50| VIDEO ACT! 主催 上映会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたにとっての「生存権」とは? 3分間の映像を大募集!

ビデオアクト設立20周年記念・オムニバス映像企画

【自由/生きる/権利】

〜あなたにとっての「生存権」とは? 3分間の映像を大募集!〜


自由/生きる/権利_omote.jpg  自由/生きる/権利_ura.jpg


今から20年前、ビデオアクトは、自主制作映像作品の普及・流通をサポートするプロジェクトとして発足しました。発足時の大きなコンセプトは、「誰もが自由に自分の意見を発信できる“場”をつくること」でした。そして、そのコンセプトを実践する企画のひとつとして、これまで「戦争」「憲法」「自由」「3.11」など様々なテーマで、3分間のオムニバス映像企画を行なってきました。


20年目の2018年、今回の3分映像のテーマは、【自由/生きる/権利】です。「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と、日本国憲法第25条は生存権について謳っています。あなたにとって、“健康で文化的な最低限度の生活”とは、何でしょう? 2018年の今、自由に生きる権利について、皆さんの声を映像で集めて、それらをまとめて一気に上映したいと思います。たくさんのご応募を、お待ちしています!


★締切:2018年10月31日(水)必着
 締切延長しました → 11月12日(月)必着

※応募して頂いた作品は、すべて無審査で上映します。
※表現方法は、フィクション、アニメ、ドキュメンタリーなど何でもOK!
※上映会終了後、ネット配信やDVDの頒布も予定しています。

上映会は、2018年11月23日(金・祝)に「キノ・キュッヘ(木乃久兵衛)」(国立)で行ないます。

<完成上映会タイムスケジュール>
17:00 開場
17:30 上映会開始
19:00 懇親会開始
21:00 終了

<料金>
上映会参加費 500円(制作者無料)
懇親会参加費 2,000円(お任せ料理、ドリンク代別) 

<会場>
「キノ・キュッヘ(木乃久兵衛)」 
〒186-0005 東京都国立市 西2丁目11−32  電話 042-577-5971
国立駅南口出る/西友と神戸屋の間の富士見通りを直進/徒歩15分

tizu01.gif



★3分間映像『自由/生きる/権利』の募集要項★

●テーマは「自由/生きる/権利」。この3つの言葉から想起できるものなら、何でも結構です。

●時間は3分以内。

 (時間厳守でお願いします。時間をオーバーしている作品は、頭から3分でカットする場合があります)

●制作者の国籍、職業などは問いません。

●制作は、個人でもグループでもかまいません。

●1個人(または1グループ)1作品でお願いします。

●応募は無料です。

●作品を応募して頂いた方は、上映会への参加が無料(飲食は有料)になります。

 また、応募作を収録した頒布用DVDを進呈いたします。

●応募できる映像のフォーマットは、最下部に記載しています。

●既存の映像、音楽を使用する場合は、制作者の責任で著作権の処理をお願いします。

 また、肖像権等につきましても、制作者の責任でお願いします。

●応募作品は、YouTubeでの配信、DVD頒布も予定しています。

 DVD頒布は実費で行いますので制作者への金銭的還元はできません。

 また、上映会での上映のために作品を出すが、他での公開はしないなどの選択もできます。

 応募の際に、どちらかをお選びください。

●上映会は2018年11月23日(金・祝)に「キノ・キュッヘ(木乃久兵衛)」(国立)で行ないます。

●上映会の際に、ご覧頂いた方の評価が高かった作品は「観客賞」として豪華粗品を進呈します。

●映像は、郵送またはファイル転送サービスでお送りください。郵送費は制作者の負担とさせて頂きます。

 送って頂いたディスク等は原則として返却しません。(返却ご希望の方はご連絡ください。)

 万が一の時の為に、バックアップを取っておくことをお薦めします。


■締切:2018年10月31日(水)必着 11月12日(月)必着

■応募・問い合わせ先

〒231-0033横浜市中区長者町4-10-1 パルム長者町204

ローポジション気付 ビデオアクト『自由/生きる/権利』担当宛




※応募時は、以下の情報を映像とともに郵送、あるいはメールにてお送り下さい。


・作品名

・制作者名

・(ファイル転送サービスをご利用の場合)アップロード先URL

・郵便番号

・住所

・Tel.

・e-mail

・画面の縦横比(16対9/4対3)

・YouTubeでの公開(どちらかをお選びください):公開可/公開不可

・頒布用DVDへの収録(どちらかをお選びください):収録可/収録不可

・作品コメント(100字程度)上映時・ネット公開等で紹介します。


■応募できる映像のフォーマット

●映像収録ディスク:DVD、ブルーレイディスク

●ビデオテープ:DV、DVCAM

●データ:.mov/.mp4/.wmv/.avi/AVCHD (その他の場合は、ご相談ください)
posted by VIDEO ACT! スタッフ at 23:23| VIDEO ACT!からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする