2019年07月22日

第96回 VIDEO ACT! 上映会 〜非正規社員のたたかい〜 報告文

第96回 VIDEO ACT! 上映会 〜非正規社員のたたかい〜 
報告文:本田孝義

去る7月16日に第96回 VIDEO ACT! 上映会を開催し、『非正規に尊厳を!−メトロレディーブルース総集編』(2019年(増補版)/55分/制作 松原 明・佐々木有美)を上映しました。参加者は25名でした。
本作の冒頭、見慣れた地下鉄売店の光景に、「伊勢佐木町ブルース」の替え歌がかぶさって聞こえてきます。正直言うと上手い歌ではありませんが、替え歌が本作では重要なアクセントになっていることに、見ながら気づきました。非正規労働の待遇改善に立ち上がった4人の女性たちは、集会など様々な場で、自らの境遇を反映した替え歌を歌っています。とかく重くなりがちな労働問題を描いた本作に、からっとした明るさがあるのは、こうした替え歌も寄与していると思います。

『非正規に尊厳を!』写真A.jpg

東京メトロの売店で働く人の中には、正社員・非正規A・非正規Bという違いがあるのだそうだ。この中で最も待遇が悪い非正規Bの女性たち4人が組合を作って、待遇改善を求めて労働組合を作り立ち上がります。団体交渉や裁判所で最初、彼女たちはビクビクしながら活動をしていましたが、支援者にも支えられて徐々に彼女たちに自信が満ちてくるのが、表情の変化からよく分かります。そうした中、雇用延長を勝ち取る成果も生まれます。
しかしながら、同じ仕事をしながら待遇に差があることの是正を求めた裁判では、東京地裁は「正社員には転勤などがある」という意味不明な理由によって、待遇に差があることを認める理不尽な判決を下します。彼女たちは、現在も裁判を闘っています。
こうした闘いを撮影している過程で、東京メトロの売店は全てローソンになる、ということが起こります。言わば全ての従業員を非正規雇用にするようなものです。

ビデオアクト2019.7.15.jpg

今や労働者の4割が非正規雇用と言われます。しかし、様々な悪条件を唯々諾々受け入れている人がほとんどだと思います。上映後、本作に出演していた方々は、組合の仲間がいたから闘うことが出来た、と言っていました。あまり知られていないのですが、2人以上いれば、労働組合を作ることが出来ます。労働組合の団体交渉には会社も応じなければいけないなど、労働組合を作ることで出来ることも多くあります。今、非正規労働でこき使われている人たちに、ぜひ、見て欲しい作品だと思いました。

『メトロレディブルース』
https://metrolady.jimdo.com/

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 12:03| VIDEO ACT! 主催 上映会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

第96回 VIDEO ACT! 上映会 〜非正規社員のたたかい〜

=============================
■ 第96回 VIDEO ACT! 上映会 〜非正規社員のたたかい〜
上映作品『非正規に尊厳を!−メトロレディーブルース総集編』
2019年(増補版)/55分/制作 松原 明・佐々木有美
http://www.videoact.jp
http://videoact.seesaa.net/
==============================


『非正規に尊厳を!』写真A.jpg

■2019年7月16日(火)19時より

「これは、カースト制度。負けるわけにはいかない」

現在、日本の働き手の4割は非正規で、2千万人をこえた。
安倍首相は「同一労働同一賃金」「非正規という言葉をなくす」
「女性が活躍できる社会」と言葉だけを並べるが、現場の実態はまったく違う。
「不当判決」に負けず、歌をつくって元気にたたかう
メトロレディーたちの怒りと感動のドキュメンタリー。

■上映作品
上映作品『非正規に尊厳を!−メトロレディーブルース総集編』
2019年(増補版)/HD/55分/制作 ビデオプレス/取材 松原 明・佐々木有美

●メトロ08.jpg

■解説
東京メトロ売店には正社員と非正規の契約社員が一緒に働いている。
仕事はまったく同じ、しかし非正規の賃金は正社員の約半分だ。
何年勤めても退職金はゼロ。勤続10年で1000万円の格差が生まれる。
1年契約更新で雇い止めの不安もあった。
そんな中ユニオンをつくって立ち上がったシニアの女性売店員たち。
この映画は、初めてのストライキから、会社との交渉、そして「労働契約法」に基づく
裁判提訴、東京地裁・高裁判決とつづく「メトロレディーたち」の
2013年から2019年にわたる6年のたたかいのドキュメント。

■上映作品
上映作品『非正規に尊厳を!−メトロレディーブルース総集編』
2019年(増補版)/HD/55分/
制作:ビデオプレス
取材:松原 明・佐々木有美

作品ページ
https://metrolady.jimdo.com/

●メトロ07.jpg

■日時
2019年7月16日(火)
18時30分/開場 19時/開始
上映後、制作の松原明さん、佐々木有美さん、
出演者を交えたトーク&ディスカッションを行います。
終了予定時刻 20時50分

■上映会場
東京ボランティア・市民活動センター(03-3235-1171)
東京・飯田橋セントラルプラザ10階
東京都新宿区神楽河岸1-1
JR中央線・地下鉄飯田橋駅下車 徒歩1分
(現在、JR飯田橋駅西口は、工事中のため大きく迂回することになります。ご注意ください)

■参加費
500円(介助者は無料・予約不要)

●メトロ04.jpg
posted by VIDEO ACT! スタッフ at 19:00| VIDEO ACT! 主催 上映会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする