2016年02月28日

<転載情報> ドキュメンタリー映画 『バナナの逆襲』 渋谷ユーロスペースで2/27(土)より公開

<以下、転載します>

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
スウェーデン発、食と巨大企業とメディアをめぐる
ドキュメンタリー映画 『バナナの逆襲』
渋谷ユーロスペースで明日2/27(土)より公開
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

スウェーデン出身のジャーナリストで映画監督でもある
フレドリック・ゲルテン監督の新作ドキュメンタリー映画
『バナナの逆襲』、いよいよ明日2月27日(土)から公開
となります。

本作は、米国のキューバ系弁護士とドキュメンタリー監督
が、米国の巨大多国籍企業からの圧力を受けながらも、
抗う様を描いた、スウェーデン発、食とメディアとめぐる
ドキュメンタリーです。現在の日本社会にも通ずる問題が
示唆されている2本立ての作品です。
明日初日と2日目、さらに3月5日には公開を記念して
以下の通りトークイベントを予定しておりますので、ご来場
お待ちしております。

____________________________


ドキュメンタリー映画
『バナナの逆襲』

【ストーリー】
<第1話 ゲルテン監督、訴えられる>
 (2011年/フレドリック・ゲルテン監督/スウェーデン/87分)
 バナナ農園での農薬被害をめぐる裁判を描いた新作 ドキュメンタリー映画が、
 ロサンゼルス国際映画祭でプレミア上映されることが決まり、意気揚々と
 アメリカに乗り込んだフレドリック・ゲルテン監督。しかし上映直前、
 企業側はなんと映画祭に上映中止を要求し、監督を訴える。われわれの想像
 を超える過激な妨害工作と、そこから見えてくるアメリカのメディアの
 暗部―。果たして映画は無事に上映されるのか?

<第2話 敏腕?弁護士ドミンゲス、訴えられる>
 (2009年/フレドリック・ゲルテン監督/スウェーデン/87分)
米 国のある巨大食品産業が使用していた禁止農薬で被害を受けた
ニカラグアの12人のバナナ労働者が訴訟を起こす。裁判を請け負
ったヒスパニック系弁護士ホアン・ドミンゲスは画期的な闘いを
挑む。多国籍化する食料生産の政治の闇に新たな光を投げかけた
サスペンス・ドキュメンタリー。

【公開劇場】
 渋谷ユーロスペース 
  03-3461-0211 http://www.eurospace.co.jp/

【上映スケジュール】 ※第1話:@、第2話:A 
 2月27日(土)〜2月28日(日) 11:00@/13:10A/15:00@
 2月29日(月)〜3月 4日(金) 11:00@/13:00A/15:00@
 3月 5日(土)〜3月11日(金) 11:00A/13:00@/15:00A
 3月12日(土)〜3月18日(金) 11:00@/13:00A/15:00@

【トークイベント】 ※いずれも上映後に開催
 2/27(土) 11:00の回(第1話)<日本で大企業に訴えられたら>
  ゲスト:横田増生さん(ジャーナリスト、「ユニクロ帝国の光と影」著書)
 2/28(日) 11:00の回(第1話)<裁判とセルフドキュメンタリー>
  ゲスト:原 一男さん(映画監督)
 3/ 5(土) 15:00の回(第2話)<日本人とバナナのはなし>
  ゲスト:小林和夫さん(オルター・トレード・ジャパン)、石井正子さん(立教大学教授)

作品予告編 https://youtu.be/F6zCPt6cBoM
作品公式サイト http://kiroku-bito.com/2bananas
作品公式facebook https://www.facebook.com/kb2bananas/

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 17:25| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

<転載情報> 第103回【みみの会】居候のドキュメンタリストに聞く

<以下、転載します>

==================================================================

 第103回
 【みみの会】ご案内 居候のドキュメンタリストに聞く

==================================================================

講 師:早川由美子(ドキュメンタリー映画監督)

 今回は、ドキュメンタリー映画監督の早川由美子氏を招き、ドキュメンタリー
にかける思いや、映像を撮り続ける大変さなどについてお話していただきます。

 ドキュメンタリー映画を撮るには、テーマ選びから現場に密着しての撮影など
時間と資金がかかります。1作は制作できても、2作目、3作目となると、大変
です。早川氏は映像を撮りつづけるとともに、全国各地で上映会をするなど精力
的に活動されています。テーマの選び方や資金面などドキュメンタリー映画のつ
くり方などについてお話していただきます。(映像作品の紹介あり)


早川由美子(はやかわ・ゆみこ)プロフィール

1975年東京都出身。成蹊大学法学部、London School of Journalism卒業。大学
卒業後、公務員、会社員として働いた後、ジャーナリストを志し渡英。ロンドン
でジャーナリズムを学ぶ傍ら、独学で映像制作を開始。イギリス・国会議事堂前
の平和活動家、ブライアン・ホウを追った初監督作『ブライアンと仲間たち パー
ラメント・スクエアSW1』で、2009年日本ジャーナリスト会議・黒田清JCJ新人賞
を受賞。公共住宅問題を取り上げた『さようならUR』は、2011年山形国際ドキュ
メンタリー映画祭スカパー! IDEHA賞を受賞した。その他の作品に、『乙女ハウ
ス』、『木田さんと原発、そして日本』、『踊る善福寺』、『ホームレスごっ
こ』など。最新作『Four Years On』(あれから4年)はネットで公開中。公式ホ
ームページ:www.petiteadventurefilms

 記

 日 時:2016年2月18日(木)
 時 間:午後7時〜9時(受付午後6時30分〜)
 会 場:東京しごとセンター 5階セミナー室=電話03-5211-2307
   最寄駅=飯田橋から徒歩7分(http://www.shigotozaidan.or.jp/
 参加費:1000円

*終了後、懇親会を予定しています。
posted by VIDEO ACT! スタッフ at 10:47| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

<転載情報> 「セクシュアル・マイノリティ」に関するドキュメンタリー映画上映会

<以下、転載します>

+++++++++++++++++++++
「セクシュアル・マイノリティ」に関する
ドキュメンタリー映画上映会
http://bit.ly/1TiZiYO
+++++++++++++++++++++
※「With You さいたま フェスティバル」の開催期間中に、
ワークショップの一つとして開催します。

■日時:2月6日(土)13:00〜15:00(開場12:45)
■入場無料
■会場:埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)
セミナー室5
JR京浜東北線、高崎線・宇都宮線「さいたま新都心駅」から徒歩5分
JR埼京線(各駅停車)「北与野駅」から徒歩6分
アクセスマップ→http://www.pref.saitama.lg.jp/withyou/access.html
■定員:45名 当日会場にて受付(整理券の配布はございません)

上映作品
◆『自分らしく生きる 〜やわらかい家族のかたち〜』
2001年/17分/カナダ  監督:ジャン・パジェット(日本語字幕)
両親が同性カップルの家庭で育つ、いきいきとした子どもたちの表情を
通して、家族について、ジェンダーについて考えるドキュメンタリー。
他人の気持ちを理解し、相手を尊重し、相手との違いを受け入れるため
にはどうすればいいのかを子どもたち自身が考え、率直に語っています。

◆『In God’s House』
2006年/37分/アメリカ  監督:リナ・ホシノ(日本語字幕)
アメリカで暮らすアジア系アメリカ人で、クリスチャンのレズビアンや
ゲイたちは「神の家(God’s House)」である教会内において長い間ほぼ
見えない存在でした。作品は、クリスチャンでレズビアンのアジア系
アメリカ人女性の語りを中心に、親の葛藤や教会のあり方を描きます。

◆『セクシュアル・マイノリティ理解のために 
         〜子どもたちの学校生活とこころを守る〜』
2010年 56分/日本(一部上映)
制作:“共生社会をつくる”セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)が、「自分は周囲の大人や
友達とは違うようだ」と気づくのは、多くの場合、小学校低学年から思
春期です。気づいた子を取り巻く社会には、攻撃的な言葉や、暮らしに
くい仕組みがいっぱい!映像には、そのような子どもたちを理解し、支
援するヒントが詰まっています。

■保育を希望の方は2月1日(月)までに、
「氏名(ふりがな)、住所、連絡先、お子さまの氏名(ふりがな)
年齢、アレルギーの有無」を明記の上、
下記連絡先まで電話、FAX、メールでお申し込みください。
対象:6か月以上の未就学児(お子さま一人につき300円)
先着5名。
メール: m013111f@pref.saitama.lg.jp
件 名:『映画上映会』

■お問い合わせ・申込み
埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)
http://www.pref.saitama.lg.jp/withyou/
〒330-0081 さいたま市中央区新都心2−2
電話: 048−601−3111
Fax: 048−600−3802

主催:埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)
企画運営:With You さいたまサポートスタッフ

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 11:19| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

<転載情報> 女の子のロックは革命だ! 「ガールズ・ロック!」@hako gallery

<以下、転載します>

====================================
女の子のロックは革命だ! 「ガールズ・ロック!」@hako gallery
映画上映 + 石巻市雄勝のワカメスープ&天然酵母のパン屋さん「ここね」のパン
====================================

日時:2016年1月27日(水)午後7時〜9時半(6時30分受付開始)
会場:hako gallery/hako plus(渋谷区西原3丁目1-4)
(小田急線・東京メトロ千代田線 代々木上原駅東口より徒歩2分)
参加費:映画のみ1,000円、軽食付1,500円
(払える額に応じます。高校生以下は500円。)
※ 事前予約をしていただけるとうれしいですが、当日直接お越しいただくのも大歓迎です。
※ 会場は階段があり、バリアフリーではありませんが、車いす等でお越しの方で、
サポートが必要な方は、スタッフまで声をかけてください。
※ ノートテイクが必要な方は、メールでお問い合わせください。

【上映作品】
『ガールズ・ロック!』
アルネ・ジョンソン監督/米国/日本語字幕/2007/89分
8歳から18歳までの少女が集まるロックンロールキャンプ。楽器に触ったことも
ない少女たちが一週間のワークショップの後、700人の観客の前でライブを行う。
髪を振り乱し、怒鳴り合い、楽器をかき鳴らし、叫びまくる「女の子」のロック
は革命だ!

ーーーーーーーーーーーー
「ガールズロックキャンプ」は、音楽を通して女の子たちの自尊心向上を目指す。
作詞作曲や演奏などのワークショップを行ない、女の子たちがリーダーシップを
発揮し、お互いに支え合うことのできるコミュニティを作り、生活スキルを身に
つけ、社会の変革をめざすための場を創り出す。(HPより)
ーーーーーーーーーーーー

共催:連連影展FAV(http://www.renren-fav.org/
hako gallery(http://hakogallery.jp/
協力:吉祥寺にある天然酵母のパン屋ここね(http://kokone.capoo.jp
Girls Rock Tokyo(https://www.facebook.com/grjpgrjp

お待ちしています!

予約・問合先:
このページで「参加」ボタンをクリック(https://www.facebook.com/events/904980269620375/
もしくはメール:renrenfav@yahoo.co.jp

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 11:19| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

第80回草の実アカデミー テーマ:NHK問題

<以下、転載します>

「第80回 草の実アカデミー」
テーマ:NHK問題

「民主主義って何だ?」「これだ!」の声が国会前に溢れた昨年(2015年)。同時にそれは「NHKって何だ?」の年だった。けれどもそこでの「これだ!」の答えは未だ見えない。
「みなさまのNHK」と言いつつ「アベさまのNHK」的実態に「何様のNHK?」との批判は盛ん。でも議論は先へ進んでいかない。「何であんな会長?」「何であんな報道?」「何であんな不祥事?」「何であんな受信料?」……あまりに多様な私たちの批判を、はたしてどのように活かしていけばいいんだろう?
 ということで「みなさまのNHK」を、アベさまやオレさまに「なにさまのつもりだ!」と言いつつ本当に私たちのもとに取り戻すための語らいを、NHKや民放や政府の動向に詳しい放送業界気鋭の論客を招いて語り合う”作戦会議”を開催します。

講師:砂川浩慶氏(立教大学社会学部メディア社会学科准教授
日時:1月16日(土)13:30開場14:00開始 16:45終了
場所:巣鴨地域文化創造館の第1会議室(36名)
http://www.city.toshima.lg.jp/…/b…/shogai/009982/005244.html
交通 「JR山手線 巣鴨駅」(北口)より徒歩15分
   「JR山手線 大塚駅」(北口)より徒歩12分
   「都営三田線 巣鴨駅」3A番出口より徒歩15分
   「都電荒川線 庚申塚駅」より徒歩3分
    都バス「巣鴨四丁目」停留所より徒歩3分 (草63、草64)
地図:http://www.toshima-mirai.jp/center/e_sugamo/
資料代:500円(会員無料)
主催:草の実アカデミー(公益社団法人マスコミ世論研究所)
   http://kusanomi.cocolog-nifty.com/
posted by VIDEO ACT! スタッフ at 10:39| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

<転載情報> レイバーフェスタ2015〜「戦争vs文化」テーマに12月19日に開催

<以下、転載します>

●レイバーフェスタ2015〜「戦争vs文化」テーマに12月19日に開催

 今年のレイバーフェスタは12月19日(土)東京・田町交通ビル6Fホールで開催
する。「戦争法案」や「労働法制改悪」で揺れた2015年、これからニッポンに未
来はあるの? なんとかしなくちゃ! なんとかしようよ! 今年のレイバーフェ
スタのテーマはズバリ「戦争vs文化」。戦争で大儲けしようとしている政界・経
済界や、賃金ドロボウ「ブラック企業」と対抗するため、どう文化で挑むのか。
一緒に表現しよう! 考えよう! メインの映像は、戦時下と現代を描いて話題
ふっとうの石川テレビ『川柳人 鶴彬〜今に伝わるメッセージ』。戦争が現実化
しつつある今の日本で必見の作品だ。演劇、音楽もある。また最新映像「アリさ
んマークの引越社」「戦争法案ドキュメント」を初披露する。恒例の「川柳」
「3分ビデオ」も公募する。さあ一緒に「レイバーフェスタ」を作っていこう。
現在、チラシ配布協力者を募集している。(フェスタ実行委員会)

↓詳細
http://www.labornetjp.org/news/2015/1219kokuti

●当日1500円 メール予約1300円 学生無料
http://vpress.la.coocan.jp/yoyaku-festa.html
●川柳投句ページ
http://vpress.la.coocan.jp/senryu2.html
●賛同人申込みページ
http://vpress.la.coocan.jp/sando-festa.html

●主なプログラム 12月19日 田町交通ビル6Fホール
<第一部>(午前の部は無料)
10:30 TVドキュメンタリー『川柳人 鶴彬』上映+トーク(枝川吉範さん)
11.45 公募川柳入賞作発表
<第二部>
13:00 主催者あいさつ
13:05 演劇『沈黙せよ』
13:40 音楽「歌おう世界のプロテストソング」
14:25 ブラック企業NO!
    土屋トカチ『アリ地獄天国』(仮)上映+トーク(西村さん)
<第三部>
15:15 戦争する国NO!
    ビデオプレス『鉄柵をこえて〜戦争法案ドキュメント』(仮)上映+
トーク(学生ハンストメンバーほか)
16:00 三分ビデオ15本一挙上映
17:00 フィナーレ

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 10:36| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

<転載情報> 放送と権力を考える 幻の放送中止番組「ひとりっ子」上映会

<以下、転載します>

放送と権力を考える
幻の放送中止番組「ひとりっ子」上映会

半世紀前、権力からの圧力で放送中止に追い込まれたテレビドラマがありました。東
芝日曜劇場「ひとりっ子」。
1962年、福岡のRKB毎日放送が芸術祭参加をめざして制作しましたが、放送直
前にスポンサーからの要請で放送中止が決まりました。
その後も放送されることなく幻の作品となりました。放送中止の背景には権力から圧
力があったとされています。
そして今年6月。自民党若手議員勉強会で、議員からは「マスコミを懲らしめるには
広告収入を無くせばいい」との発言が・・・。
物語は1962年秋の熊本。大学工学部を目指す高校3年、ひとりっ子の新二は腕試
しに受験した防衛大学校に合格します。
従軍記者だった父は大喜び。一方、長男を特攻で亡くした母と恋人は反対します。揺
れる新二が出した結論は?
上映とともに作品の解説に加えて、放送と権力との関係など、この作品が現在の状況
に語りかけている意味をメディア総研事務局長の岩崎貞明氏がお話しします。 

日時 10月9日(金) 午後7時〜9時
会場 横浜市健康福祉総合センター8階8B会議室 
横浜市中区桜木町1−1 TEL045−201−2060
作品  テレビドラマ「ひとりっ子」(1962年 RKB毎日放送 制作)
   出演 山本圭 加藤嘉 望月優子 佐藤オリエ ほか 
解説とお話し   岩崎 貞明 氏
(メディア総研事務局長、放送レポート編集長、民放労連書記次長)
参加費  500円
主催   日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部
連絡先  伊東 090-2753-8012  菊池 090-9159-1709

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 10:48| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

<転載情報> 「食卓の肖像」上映会

<以下、転載します>

「食卓の肖像」上映会
「カネミ油症事件」は戦後最大級の食品公害事件です。この事件を知らない人、もう過去のことだと思っている人にぜひ観てほしい映画です。
健康に良い油というふれこみで売られた米ぬか油で、直接ダイオキシン類を体内に摂取し、どういう結果がもたらされたのでしょうか。10年間の被害者の聞き取りで作られたドキュメンタリーです。
1回目と2回目の上映の間に金子サトシ監督のお話があります。
どうぞご来場ください。
2015年11月14日(土)     (上映時間103分)
1回目 13:30〜 2回目 16:30〜
15:20〜 金子サトシ監督のお話
会場 あんさんぶる荻窪 4階第2教室
荻窪駅西口下車(南側)、西荻窪方向に徒歩3分
杉並区荻窪5丁目15番13号
地図
http://www.mapion.co.jp/m2/35.70392589,139.61656106,16/poi=0333983191-002


入場料 500円
申込み 消費者センター 電話1(プッシュホン)03-3398-3141 (10月21日から受付け)
 定員 各回39名 (お申し込み順)
                     
主催 杉並区消費者グループ連絡会
共催 杉並区
http://shokutaku.ne.jp/archives/491


posted by VIDEO ACT! スタッフ at 10:41| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

<転載情報> 福島映像祭2015

<以下、転載します>

<福島映像祭2015>
●日程 9月12日(土)〜18日(金)
●会場 ポレポレ東中野 および スペース&カフェ ポレポレ坐(東京都中野区東中野4丁目4-1)

●上映作品
★ 福島の生きものの記録を続ける岩崎雅典監督によるドキュメンタリー第三弾!
『福島 生きものの記録 シリーズ3〜拡散』(2015年/日本/91分)
監督:岩崎雅典/撮影:明石太郎/録音:吉田茂一/作品提供:群像舎
http://fukushimavoice.net/2015/08/2000

★ 東京・阿佐ヶ谷に住む少女が繰り広げるひと夏のファンタジー
『セシウムと少女』(2015年/日本/111分)
監督:才谷遼/撮影:加藤雄大/出演:白波瀬海来、長森雅人、飯田孝男、川津祐介ほか
http://fukushimavoice.net/2015/08/2005

★ 劇場初公開!福島第一原発事故後の若者たちの交流と成長を描いたドキュメンタリー
『種まきうさぎ』(2015年/日本/88分)
監督:森康行/企画:山下正寿、斎籐毅/音楽:浦木正志/編集:古賀陽一
http://fukushimavoice.net/2015/08/2010

★ 劇場初公開!「戦争と一人の女」井上淳一監督のドキュメンタリー作品!
『大地を受け継ぐ』(2015年/日本/86分)
監督:井上淳一/企画:馬奈木厳太郎/プロデューサー:小林三四郎/作品提供:太秦
http://fukushimavoice.net/2015/08/2012

●イベント
★ 地元テレビ局のニュースクリップを東京初公開!“ふくしまの未来”をともに考える
上映&トーク「ふくしまの未来〜福島中央テレビの現場から」
日 時:9月12日(土)12:30開場 13:00〜15:00
ゲスト:佐藤 崇(福島中央テレビ 取締役報道制作局長)/聞き手:高木 祥衣(OurPlanet-TV)
http://fukushimavoice.net/2015/08/1977

★ 福島映像祭の目玉企画!市民から寄せられた公募ビデオを3作上映!
市民部門上映&トーク「わたしが伝える福島」
日 時:9月12日(土)18:30開場 19:00〜21:00
ゲスト:市民部門 上映作品 制作者/コメンテーター:下村 健一(慶應義塾大学特別招聘教授)
http://fukushimavoice.net/2015/08/1980

★ 福島県いわき市久之浜を題材とした映像ドキュメンタリーパフォーマンス
映像パフォーマンス「かげろう」&トーク
日 時:9月13日(日)18:30開場 19:00〜20:30
映像・演出:M中 峻/出演:坂倉 花奈(青年団)、田中 孝史、平山 葉子/話者:高木 京子
*上演後トーク ゲスト:遠藤 諭(遠藤建具店)/聞き手:M中 峻 
http://fukushimavoice.net/2015/08/1986

★「ふくしま作業員日誌」を連載中の東京新聞・片山記者がゲスト!
トークセッション「いま、福島第一原発で何がおきているのか」
日 時:9月18日(金)18:30開場 19:00〜21:30
ゲスト:片山 夏子(東京新聞社会部)/聞き手:白石 草(OurPlanet-TV)
http://fukushimavoice.net/2015/08/1990

●料金
★映画・イベント共通★ 前売・三回券 3,600円*上映・イベントでご使用可/当日販売あり
○映画
当 日 : 一般1,500円/シニア1,200円/大・専・障害者1,000円/高校生以下700円
*当日整理番号の受付が必要となります/満席の際はお入り頂けない場合もございます
○イベント
予約・当日 : 1,500円(三回券使用可)
予約 03-3227-1405/event@polepoletimes.jp(ポレポレタイムス社)
*お席に限りがございますのでご予約をお願いいたします 

《連絡先》
●主催・問い合わせ先
特定非営利活動法人OurPlanetTV(アワープラネットティービー)
電話:03-3296-2720 Email:info@ourplanet-tv.org 担当:高木/白石
東京都千代田区猿楽町2-2-3NSビル202 
公式サイト http://fukushimavoice.net/fes

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 10:08| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

<転載情報> 第4回うらやすドキュメンタリー映画祭

<以下、転載します>

――――――――――――――――――――――――――――――――
第4回うらやすドキュメンタリー映画祭いよいよ今週末6/20-21開催!
事前予約は本日18日(木)迄!
――――――――――――――――――――――――――――――――

第4回うらやすドキュメンタリー映画祭〜浦安から持続可能な社会を
考える〜は、いよいよ今週末に迫りました。事前予約は本日6/18(木)
までです。特に通し券の2dayパスは事前予約のみの取り扱いになり
ますので、ご予約予定の皆様はどうぞお忘れなく!

皆様のご来場お待ちしております。


「第4回うらやすドキュメンタリー映画祭2015」

【日時】
 6月20日(土)〜21日(日)

【会場】
 浦安市民プラザWave101大ホール
 http://www.urayasu-kousha.or.jp/wave101/

【上映作品】
 6月20日(土) 大ホール「抗う土曜日」
 (10:00開場)
  10:30 『はだしのゲンが見たヒロシマ』
  12:45 『三里塚に生きる』
  15:45 『フタバから遠く離れて 第二 部』
  18:00 シンポジウム「映画プロデューサーの役割」
      &特別上映『触らぬバナナに祟りなし(仮題)』

 6月21日(日) 大ホール「育む日曜日」
(10:30開場)
  11:00 『夢は牛のお医者さん』
  13:15 『みんなの学校』
  15:30 『千年の一滴 だし しょうゆ』
  18:00 『みつばちの大地』

【料金】
  ◆事前予 約 1dayパス1,600円、2dayパス2,999円 [予約締切6/18(木)]
  ◇当日 1dayパス 1,800円、当日高校生以下1,000円
  ◇当日  アフター6パス(17:45より入場可) 999円 高校生以下500円
  ◇サポー ター 1dayパス1,600円、2dayパス2,799円、アフター6パス799円(当 日購入可) 
 ★★★事前予 約はこちらから→ http://ws.formzu.net/fgen/S30267698/


上映作品等の詳細は映画祭公式ページをご覧ください。
http://urayasu-doc.com/festival2015/

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 10:36| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

<転載情報> レイバー映画祭2015

<以下、転載します>

●レイバー映画祭2015

とき 7月25日(土)10.15〜17.15(開場10.00)
ところ 田町交通ビル6Fホール
参加費 一般当日 1500円
    前売・予約 1300円
    失業者・障害者 一律1000円
    学生 無料
↓メール予約
http://vpress.la.coocan.jp/yoyaku-labor15.html

〔プログラム〕
9.45 開場
<一部・生きる権利>
10.15〜12.15
 『もうひとつの約束』(115分)
12.15〜13.00 休憩 45分
<二部・戦争する国ノー>
13.00〜15.15
 『天皇の名のもとに〜南京大虐殺の真実』(50分)
 『誰も知らない基地のこと』(74分)
15.15〜15.25 休憩 10分
<三部・声を上げる人たち>
15.25〜17.10
 『ワーカーズ・リパブリック』(60分)
 『メトロレディーブルース・3』(30分)
17.00〜17.15 フィナーレ
 メトロレディーと仲間たち
終了後、公園にて二次会

〔作品解説〕
●『もうひとつの約束』 監督 : キム・テユン監督 2014年/韓国/115分

 映画は、サムソン電子半導体工場で白血病を患い2007年に22歳で他界したファ
ン・ユミさんの父親、ファン・サンギさんの裁判闘争を元に、キム・テユン監督
が取材し脚本化した作品。韓国の大企業・サムソンの恥部を告発する映画という
ことで、劇場が相次いで上映を見送る中、自主上映運動が巻き起こった。「絶対
にあきらめない。父親だから」。サムスンの妨害工作にも負けない遺族たち。巨
大企業に素手で闘いを挑む姿が感動的だ。

●『天皇の名のもとに ―南京大虐殺の真実』監督 : クリスティン・チョイ&ナン
シー・トン 1995年/米国/50分

 1937年の南京事件とは何であったのか? 当時、南京に滞在していた米国人
ジョン・マギー牧師は、密かに16ミリフィルムを回し記録していた。深傷を負っ
て南京病院に運び込まれた人々、黒焦げの死体、強姦された女性、目を覆うシー
ンが続く。アジア系米国人の監督は、日本でも元日本軍兵士や関係者を取材し、
南京事件を様々な角度から検証している。劇映画『ジョン・ラーベ』と同じく日
本で公開できなかった作品だ。歴史が問われるいまこそ、必見の映画である。

●『誰も知らない基地のこと』2010年・イタリア作品・74分

 米国は、冷戦後も世界の至る所で基地をふやしつづけている。約40カ国に700
カ所以上の米軍基地が存在する。沖縄では、普天間基地移設を口実に辺野古に新
基地をつくろうとしている。それはなぜか。イタリアのエンリコ・バレンティ&
トーマス・ファツィ監督の『誰も知らない基地のこと』は、沖縄をはじめ世界の
米軍基地を回り、たたかう人々を取材し、グローバルな視点から問題提起をして
いる。注目すべき点はこの映画が、基地をつくり抑圧する側の論理を追究してい
ることだ。米国はいまや軍産複合体として世界中に敵をつくり、基地をふやして
いく戦争経済で成り立っている。それによって「ローマ帝国」のように世界を支
配しようとする。オバマはその召使いでしかない。これを中断すれば、米国経済
そのものが破綻してしまう。映画はそこを突く。安倍政権は、米国に従属して
「戦争する国」に邁進しているが、米軍基地の正体を暴いたこのドキュメンタ
リーは、日本の「いま」を考える格好の教材となっている。(木下昌明)

●『ワーカーズ・リパブリック』 監督 : アンドリュー・フレンド 2010年/米国
/60分

 シカゴにある建具製造会社リパブリック・ウィンドウズ・アンド・ドアーズ
の工場労働者たちが、3日後の工場閉鎖を突然通告され、怒りを爆発させて工場
を占拠したのは2008年12月のことだった。オバマ大統領も工場労働者の権利支持
を公にするなど、異例の展開を見せた争議は、大手マスコミも無視できないほど
注目を集めた。マイケル・ムーアの映画『キャピタリズム』にも登場した争議
で、米国労働者の果敢なたたかいを伝える。

●『メトロレディーブルース 3』 制作 : ビデオプレス 2015年/日本/30分

「同じ仕事なら同じ待遇を」「退職金ゼロで65歳雇い止めはおかしい」。東京
メトロ売店で働く契約社員の女性たちは、東京東部労組メトロコマース支部をつ
くり、「差別撤廃」に向けてたたかい続けている。2014年には裁判も起こし、今
や「非正規労働者のシンボル」だ。今年春には、レディたちは怒りのメラメラ
ハットをかぶり、組合員の雇い止め阻止に向けて三たび立ち上がった。「レイ
バー映画祭」で大好評の現在進行形作品『メトロレディーブルース』の第三弾。

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 11:18| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

<転載情報> Transistor Press × 連連影展FAV Presents『i am』DVD発売記念上映会&ケイトとおしゃべり@Cafe Lavanderia

<以下、転載します>

■□--------------------------------------------□■
Transistor Press × 連連影展FAV Presents
『i am』DVD発売記念上映会&ケイトとおしゃべり
@Cafe Lavanderia
http://www.renren-fav.org/main/modules/tinyd1/index.php?id=57
■□--------------------------------------------□■

DVD『i am』発売を記念して、Cafe Lavanderiaで上映会が開催されます。
映画を見た後、インドから帰国したばかりのケイトを囲んで、
みんなで映画の感想等、おしゃべりしましょう。
みなさま、どうぞお越しください。

■日時 2015年6月10日(水)19:30〜21:00ごろ(開場 19:00)
■場所 Cafe Lavanderia(新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F)
 最寄駅 都営新宿線・丸の内線・副都心線「新宿三丁目」
 アクセスマップ
http://cafelavanderia.blogspot.jp/search/label/MAP
■入場 無料(1ドリンク注文してね)
■主催:Transistor Press × 連連影展FAV
■問い合わせ先:連連影展FAV(renrenfav@yahoo.co.jp)

ご近所のブリトー屋さん=Rainbow Burritos & Tacosのおいしいブリトーや、
「ここね」の素材にこだわった手作りパンの販売あります。

情報保障完備ではありませんが、会場でのトークなどの際にサポートが必要
な方は、事前にメール(renrenfav@yahoo.co.jp) でご連絡ください。

■映画『i am(アイアム)』
(ソナリ・グラーティ監督/アメリカ・インド/英語・ヒンズー語/日本語字幕
/2011/71分)
『i am(アイアム)』 はインド出身のレズビアン映像作家の過去への旅路を描
いたドキュメンタリー。 インドには英国植民地時代の同性愛行為を禁止する刑
法がいまでも存在する。かつて「家族」とともに暮らしていたデリーにある実家
を訪れた監督は、ゲイやレズビアンの子どもを持つ親との対話を通して「家族」
の真の意味を紡ぎ出しながら、「カムアウト」する前に亡くなった母との対峙と
和解への道を模索する。
( 作品の英文サイト http://www.sonalifilm.com/I-AM.html

■トークゲスト Caitlin Stronellさん
オーストラリア出身。高校生の時、1年間日本に留学し、その後、修士課程を日
本の大学で学ぶ。「HIVと人権・情報センター」スタッフや「環境とフェミニズ
ムの英会話寺子屋」講師を務めてきた。「NIジャパン」創刊者。また浅川金刀
比羅神社の神主でもある。2015年5月インドのジャワハルラール・ネルー大学博
士課程を晴れて卒業(博士号取得)。

>> Transistor Pressとは?
トランジスタ・プレスは、新宿2丁目のカフェ・ラバンデリアを活動拠点にして
いる一人出版社。“eat, sleep, read, write”をスローガンに、歴史の中で埋もれ
てしまった女性たちの声を掘り起こし、現在、未来の女性たちへのエールを送る
リトルギャラクシー・ブックス を出版しています。

>> FAV 連連影展とは?
等身大にそして雄弁に語りかけてくる映像をフェミニストの視点で集めた映画祭。
作り手と観客が一緒に作るファヴは2005年にスタートし、年に数回、場所を転々
としながら上映活動を行っています。DVD の販売も行っています。
http://www.renren-fav.org/main/

★上映会場にて『I AM』日本語版DVDを販売します!
個人価格 3000 円
ライブラリー価格(上映権付)20000 円
お申し込み・お問合せ:連連影展FAV
(e-mail renrenfav@yahoo.co.jp)
posted by VIDEO ACT! スタッフ at 09:41| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

<転載情報> 第4回うらやすドキュメンタリー映画祭2015

<以下、転載します>

「第4回うらやすドキュメンタリー映画祭2015」

【日時】
 プレ上映会 6月13日(土)
 本祭    6月20日(土)〜21日(日)

【会場】
 浦安市民プラザWave101中ホールおよび大ホール
 http://www.urayasu-kousha.or.jp/wave101/

【上映作品】
 6月13日(土) 中ホール プレ上映会
  ※第1回浦安ドキュメンタリー映画大賞受賞記念上映会
 (14:00開場)
  14:30 『標的の村』

 6月20日(土) 大ホール「抗う土曜日」
 (10:00開場)
  10:30 『はだしのゲンが見たヒロシマ』
  12:45 『三里塚に生きる』
  15:45 『フタバから遠く離れて 第二部』
  18:00 シンポジウム&特別上映『触らぬバナナに祟りなし(仮題)』

 6月21日(日) 大ホール「育む日曜日」
(10:30開場) 
  11:00 『夢は牛のお医者さん』
  13:15 『みんなの学校』
  15:30 『千年の一滴 だし しょうゆ』
  18:00 『みつばちの大地』

【料金】
 6/13(土)
  ◆事前予約900円、当日999円、サポーター799円、高校生以下500円
 6/20(土)-21(日)
  ◇1dayパス 事前予約1,600円、当日1,800円、当日高校生以下1,000円
  ◇2dayパス 事前予約2,999円(当日販売なし)
  ◇アフター6パス(17:45より入場可) 当日のみ999円
  ◇サポーター 1dayパス1,600円、2dayパス2,799円、アフター6パス799円
 
 ※事前予約はそれぞれの2日前まで(プレ上映会6/11[木]、本祭6/18[木])
以下のサイトからご予約下さい。


主催:浦安ドキュメンタリーオフィス
後援:浦安市

上映作品等の詳細は映画祭公式ページをご覧ください。
http://urayasu-doc.com/festival2015/

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 11:42| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

<転載情報> 被爆者の声をうけつぐ映画祭2015

<以下、転載します>

*「被爆者の声をうけつぐ映画祭2015」のお知らせ
とき: 2015年7月18日(土)〜19日(日)
ところ:武蔵大学江古田キャンパス 一号館地下1002シアター教室
主催: 被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会
武蔵大学社会学部メディア社会学科永田浩三ゼミ
後援: 日本原水爆被害者団体協議会 / ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会

1日目 7月18日(土)
プログラム(1) 10:00〜12:15 原爆は被爆者に何をもたらしたか
劇映画「ヒロシマの証人」(110分)監督 斎村和彦
ビデオメッセージ 山口逸郎プロデューサー

プログラム(2) 14:00〜17:15 映像は原爆被爆をどのように記録したか
ドキュメンタリー「ヒロシマが消えた日〜人類最大のあやまち・原爆〜」(77分)
ドキュメンタリー「引き裂かれた長崎〜人類最大のあやまち・原爆〜」(75分)
トーク 石子順(映画評論家)

プログラム(3) 18:30〜21:00 被爆国に原発はどのようにしてもたらされたか
ドキュメンタリー「ヒロシマ 爆心地の原子力平和利用博覧会」(74分)NHK広島
トーク:宮本康宏プロデューサー&永田浩三武蔵大学教授

2日目 7月19日(日)
プログラム(4) 10:00〜12:30 原発・エネルギー政策の嘘と真実とは
ドキュメンタリー「日本と原発」(135分)監督 河合弘之

プログラム(5) 14:00〜16:30 原発事故は人々に何をもたらしたか
ドキュメンタリー「飯舘村 わたしの記録」(68分)監督 長谷川健一
ドキュメンタリー「チェルノブイリ 28年目の子どもたち」(43分)ディレクター 白石草
トーク 白石草ディレクター

プログラム(6) 18:00〜20:45 被爆者の声をどのように継承するのか
シンポジウム 〜被爆者の声をどのように継承するのか〜
証言映像「原爆は、人間として死ぬことも生きることもゆるさなかった」(18分)
コーディネーター 永田浩三武蔵大学教授
斉藤とも子(女優) 木戸李市(被爆者)  有原誠治(映画監督)

エンディング 歌唱 中島清香(声楽家)

鑑賞券
(鑑賞券は各プログラムごとの料金です。入替制、開場は各回30分前です。)
(なお、プログラム(3)のみは入場無料です。)
大人 1000円(当日1200円)
学生  500円(当日 700円)*中学生以下は無料です。
フリーパス券 4000円

問い合わせ先
電話:03−5466−2311(共同映画)
   090−1793−6627(金子)

会場:武蔵大学江古田キャンパス 一号館地下1002シアター教室   
(西武池袋線 江古田駅から徒歩6分、地下鉄大江戸線 新江古田駅から徒歩7分、有楽町線 新桜台駅から徒歩5分、有楽町線・西武池袋線 桜台駅から徒歩9分)

*上映作品の詳細、会場の地図などは下記をご参照ください。
「被爆者の声をうけつぐ映画祭」ブログ
http://hikakueiga.exblog.jp

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 11:23| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<転載情報>『食卓の肖像』目黒上映会(5月31日)とカネミ油症東京集会(6月4日)のお知らせ

<以下、転載します>

「『食卓の肖像』目黒上映会(5月31日)とカネミ油症東京集会(6月4日)のお知らせ」

◎『食卓の肖像』目黒区上映会(目黒母親大会)
東京都目黒区の「母親大会」として、カネミ油症のドキュメンタリー『食卓の肖像』(103分)を鑑賞し、金子サトシ監督のお話を聞く。またあわせて「食」に関するイベントや持ち寄りミニバザーも開催!
(日時)2015年5月31日(日)午後1時から4時
(会場)八雲住区センター 2階 第2・第3会議室
http://yakumo19.net/center.html
 目黒区八雲1−10−5 東急東横線都立大学駅北口徒歩6分
(主催)目黒母親連絡会 電話03−3719−2741(東京土建目黒支部主婦の会)

『食卓の肖像』
http://shokutaku.ne.jp/


◎「カネミ油症被害者救済を求める東京集会」
 〜最高裁は下級審判決を破棄しろ〜
昨年3月福岡高裁におけるカネミ油症新認定裁判は、油症発生時期から20年の除斥期間により請求の権利なし、とした不当な判決でした。
原告の殆どは最近になって認定されており、除斥期間以前には裁判に訴えることすらできませんでした。それなのに訴える権利がないとは、なんという不条理でしょうか。
このままでは被害者救済の道を閉ざすことになります。
最高裁判所は全被害者救済のための公正な判断をして、除斥期間を適用した下級審判決をあらためるべきです。
最高裁の判断の前に緊急集会を企画しました。是非ご参加ください。
日時:2015年6月4日 午後2時〜4時
場所:弁護士会館5F 502号室
東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、千代田線「霞ヶ関駅」
B1-b出口より直通 A1出口より徒歩2分 C1出口より徒歩3分
主催:新認定裁判原告団・弁護団
共催:カネミ油症被害者支援センター(YSC) 
連絡先:伊勢 TEL:090−9321−8607
posted by VIDEO ACT! スタッフ at 11:16| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

<転載情報>『山陽西小学校ロック教室』名古屋上映

<以下、転載します>

○○とごはん制作委員会presents
映画「山陽西小学校ロック教室」とごはん
●時:5月24日(日) 12時開場 13時上映開始
●料金:1000円(給食を模したごはん付き) サイドメニュー有の予定
●場所:鑪ら場(タタラバ)(http://tataraba-live.com/)
住所:〒464-0858 愛知県名古屋市千種区千種3丁目29-8 ライフステージ吹上B1階
TEL:080-3919-5789(店主:鈴木)
●問い合わせ:TEL:080-6955-8493 MAIL:cockeyco@gmail.com (九鬼将司(クキマサシ)


posted by VIDEO ACT! スタッフ at 08:23| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

<転載情報>「チェルノブイリ 28年目の子どもたち U〜保養と健診の現場から」上映会&トーク

<以下、転載します>

 4/17(金)ウクライナ取材報告第二弾・上映会&トークのご案内
「チェルノブイリ 28年目の子どもたち U〜保養と健診の現場から」

 ウクライナ取材報告第一弾「チェルノブイリ 28年目の子どもた
ち〜低線量被曝の現場から」から約1年。第二弾の映像報告「チェ
ルノブイリ 28年目の子どもたち U〜保養と健診の現場から」が完
成間近となりました。

 第二弾では子どもたちを守る取り組みを中心に、保養や健診に焦
点をあてて取材しています。完成上映会は4月17日(金)に日比
谷コンベンションホールにて開催。ぜひお越しください。

===========================================================
 ウクライナ取材報告第2弾・上映会&トーク
「チェルノブイリ 28年目の子どもたち U〜保養と健診の現場から」
===========================================================

 チェルノブイリ事故から28年以上が経つウクライナ。原発事故
から5年目にできた「チェルノブイリ法」によって、年間0.5ミリ
シーベルトを超える地域の住民には、今も様々な支援策が講じら
れています。
 その中でも、政府が重視しているのが、保養と健診。ウクライ
ナ政府は2013年12月に、社会政策省に新たに「保養庁」を設置し
、手厚い保養政策を展開しています。
 財政難な上に、戦争までもが国を圧迫しているウクライナ政府。
厳しい中にありながらも、チェルノブイリで被害を受けた子ども
たちへの支援策を削減することはできないといいます。子どもた
ちを守る取り組みを取材しました。

<内 容>
◎上 映
『チェルノブイリ 28年目の子どもたち U〜保養と健診の現場から』
『チェルノブイリ 5年目の避難者たち〜除染から移住に進んだ町・ポレスケ』
◎報 告:白石草(OurPlanet-TV) 
◎コメント:大谷尚子(看護実践研究センター・茨城大学名誉教授・
日本学校健康相談学会会長・日本学校救急看護学会会長)ほか

■日 時 2015年4月17日(金)19:00〜21:00(開場:18:30)
■会 場 日比谷コンベンションホール(日比谷図書館内)
■資料代 1,000円
■定 員 150名
■主 催 OurPlanet-TV
■お申し込み お名前、ご連絡先、人数をメールinfo@ourplanet-tv.org
またはFAX(03-3296-2730)にてお申し込みください。
■詳細URL http://ourplanet-tv.org/?q=node/1896

===========================================================
<お問い合わせ> OurPlanet-TV事務局(高木・白石)
東京都千代田区猿楽町2-2-3NSビル202
TEL 03-3296-2720 Email info@ourplanet-tv.org

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 09:36| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

<転載情報>「日本と原発」上映会

<以下、転載します>

2015年3月28日(土)10時、14時「日本と原発」上映会
場所:文京区立不忍通りふれあい館 地下ホール
   (定員150)(体育館のような場所)
時間:@10時〜河合弘之監督挨拶〜上映〜12時半(頃)
   A14時〜上映〜木村結さん挨拶〜(16時半頃)
前売券:600円
当日券:800円  学生・身障者・介助者600円
中学生以下無料
主催: FICASO1/2
問合先 03-3821-3624(にしむら)
   ficaso.happy@gmail.com 
27日までにご連絡いただけましたら、当日会場
地下ホール受付に前売券を取り置きいたします。
その場合、お名前、枚数、午前の回か午後の回かを
お知らせください。

前売券取り扱い
・千駄木の往来堂書店さん(文京区千駄木2-47-11)
  www.ohraido.com
・千駄木の古書ほうろうさん(文京区千駄木3-25-5)

  http://horo.bz/
・白山のjazz喫茶映画館さん(文京区白山5-33-19)
  http://www6.ocn.ne.jp/~eigakan/

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 09:19| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

<転載情報>『わたしの、終わらない旅』東京・ポレポレ東中野での上映延長&追加イベント決定!!

<以下、転載します>

『わたしの、終わらない旅』
  東京・ポレポレ東中野での上映延長&追加イベント決定!!
  名古屋・シネマスコーレでの上映も3/21(土)よりスタート

------------------------------------------------------------------------
★上映情報
[東京]
○会場:ポレポレ東中野(TEL.03-3371-0088)
    http://www.mmjp.or.jp/pole2/
○上映時間:〜3/27(金) 10:30〜/12:30〜
      3/28(土)〜 10:30〜(1日1回のみ)
○料金
 当日:一般 1,600円/大学・専門・シニア(60才以上)1,300円
 前売:1,300円
※前売券は劇場窓口、都内プレイガイドで発売中!

◆シグロではどこよりもお安い、特価【1,200円】でお買い求めいただけ
ます!!オンラインショップはこちら↓
http://www.cine.co.jp/detail/0130.html
(発送に1週間ほどお時間をいただきますので、ご注意ください。)
◆すぐにご購入いただける「スグチケ」もご利用ください!
http://sugu-ticket.neopa.jp/ ]
(専用アプリのダウンロードが必要となります。)

◎劇場イベント<10:30の回終了後、25分程度を予定>

3月21日(土)太田昌克さん(共同通信編集委員)×坂田監督
「日米核同盟 原爆、核の傘、フクシマ」
3月28日(土)渡辺一枝さん(作家)×坂田監督
3月29日(日)吉沢正巳さん(「希望の牧場・ふくしま」代表)×坂田監督
4月4日(土)河合弘之さん(弁護士/映画「日本と原発」監督)×坂田監督
4月5日(日)纐纈あやさん(映画監督/「祝の島」)×坂田監督

[愛知]
○会場:シネマスコーレ(TEL.052-452-6036)
○日程:3/21(土)〜4/4(金) 10:20〜(1日1回のみ)

[長野]
○会場:東座(TEL.0263-52-0515)
    相生座・ロキシー(TEL.026-232-3016)
○日程:調整中

☆上映作品の詳細などは公式サイトなどをご覧下さい。
 公式サイト>[http://www.cine.co.jp/owaranai_tabi/ ]
 予告編>[http://www.cine.co.jp/owaranai_tabi/trailer.html ]
fecebook>[https://www.facebook.com/owaranaitabi ]

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 10:38| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

<転載情報>ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件…そして』上映会のご案内

<以下、転載します>

『ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件…そして』
        上映会のご案内

繰り返される「自己責任」論――。
2004年の「イラク日本人人質事件」でバッシングを受けた
高遠菜穂子さんと今井紀明さんの現在、そして、
戦争状態が続くイラクの現状を追ったドキュメンタリー映画。
イラク戦争開戦時は高校生だった伊藤めぐみ監督とのトークセッションも。

◆3月28日(土)
◆ベルブホール(ベルブ永山5F)

◆スケジュール
<1> 14:00-15:35 上映 + 15:35-16:40 監督とのトークセッション
<2> 17:00-18:35 上映 + 18:35-19:40 監督とのトークセッション
※全席自由・各回入替制

◆チケット
前売券:1,000円(一般=16歳以上)
当日券:1,200円(一般)、600円(子ども=15歳以下)

◆前売チケット取扱い店
・はらっぱ (ベルブ永山3F)
・あしたや (諏訪名店街)
・ナチュランド・シルフレイ (永山 瓜生通り・南多摩尾根幹線近く)
・喫茶 風 (聖蹟桜ヶ丘ヴィータ7F)
◆インターネット予約
前売予約1,000円(上映会当日、受付にて精算)
http://taenoha.com/tamaheiwa

◆コメント
伊藤監督は30歳。
本作品は私たちに問う。「元人質」のその後を通して、日本人のあり方は
正しかったのか、と。当時、高校生の伊藤さんが感じたイラク戦争支持や
バッシングへの違和感。それを10年間抱き続け、世の中に問いかけたこと
に驚きと敬意を覚える。(下記WEBサイトより)
第1回 山本美香記念国際ジャーナリスト賞受賞。
http://www.mymf.or.jp/contents/prize.html
「元人質」たちの悩みの果ての爽やかさが、私にはまぶしくてうれしい。
今だからこそ、立ちどまり、観て、いっしょに話し合い考えたい。(滝口)

[主催] 多摩平和イベント実行委員会 TEL:050-3741-2009
[協力] たえのは

posted by VIDEO ACT! スタッフ at 10:23| おすすめイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする